彩雲塗 by  千葉漆アートスタジオ
 

研ぎだされたスズの光沢と磨きだされた漆の艶。千葉漆アートスタジオとのコラボレーション。

本商品はスティロアート軽井沢、数野元志が軸を制作し、千葉漆アートスタジオで彩雲塗りを施し、再度、数野元志が万年筆に組み上げ、ペン先を調整したものです。

万年筆になった彩雲塗は日本で初めての逸品です。漆によって色とりどりに仕上がっています。

*ご覧になっているモニターにより商品の色が多少違って見えます。予めご了承下さい。
*カートよりご注文頂けます。
*お届けはご注文日より3ヶ月から6ヶ月後になる場合がございます。予めご了承下さい。


彩雲塗 制作工程

1.スティロアート軽井沢で制作した軸に、漆を接着剤として使用し、麻を巻きつける。
2.漆を塗り、乾く前に錫粉を蒔く。
3.表面の段差を埋めるように、色漆を塗り重ねる。
4.錫粉の層が表面に出るように研ぎ出す。どの程度錫が見えるかが、とても重要です。
5.再度、漆を摺り込み、程良いツヤになるまで繰り返す。


ペン先:Pi 15号 価格:80,000円(税抜き価格)
*お好みの字幅が選べます。

Saiun-Nuri by Chiba Urushi Art Studio

1. Put hemp line around the fountain pen's body using URUSHI as adhensive.
2. Apply URUSHI on it and sperinkle tin powder and abalon before the URUSHI dries.
3. Apply Iro-urushi several times on it to make the surface smooth.
4. Polish the surface until the tin beneath is revealed to the surface.
    It is importand how the tin appears.
5. Rub URUSHI thinly until the surface gets shiny.  












About the owner

数野 元志
Motoshi KAZUNO 

万年筆は心を伝える道具也

ブログ北軽の風
  

Top